2018年04月19日

天国にいる家族へのお手紙

埼玉県久喜市にお住いの、さくらママから
さくらちゃんへのお手紙です。


さくらへ
さくら、天国で元気にしていますか?ママも何とか生活しています。
でも、さくらが居なくなって一人でいる家の中は、本当にさびしいものです。
さくらも一人でお留守番している時は、きっと、とってもさびしかったよね?
ママは、さくらにお留守番ばかりさせてしまいましたね。本当にごめんね。

さくら、天国では、どんな生活をしているの?楽しく暮らせていますか?
部屋にある、さくらの写真を見るたびに、たくさんの思い出が頭をよぎります。
ママが落ち込んでいる時も、さくらはいつも元気で、無邪気に寄り添ってくれたね?
本当にママは、さくらに、いつもいつも元気付けられてたんだなあと実感しています。

さくらは、ママの本当の子供みたいな存在でした。
ママの所に来てくれて本当にありがとう。さくらは、ママの自慢でした。
可愛くて、美人さんで、スタイルも良くて・・・
立派な尻尾を振りながら歩く後ろ姿も、とっても可愛かったよ。
ママの顔を、たくさんたくさんなめてくれたね?
ありがとう。さくら、大好きだよ。
さくらにまた会えるかな?また会いたいな。
さくらが心配しない様に、ママもしっかりしなくちゃいけないね。
さくら、天国からママの事を見守っていてね。

一人で家にいる時、さくらの気配を感じたり、なき声が聞こえたり(?)した事もあるんだよ。
でも、それがさくらだったら、ママは、ちっとも怖くないよ。
だから、いつでも遊びに来てね。

さくらへの初めてのお手紙。読んでくれたかな?
もうすぐ桜の季節。桜と同じ名前。
薄いピンク色の花びらが、さくらと同じくらい可愛くてきれいです。
さくら、ママも頑張るからね!! ありがとう。
また、お手紙します。

ママより

続きを読む
posted by ポチとたま。 at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

お花見

皆様、お花見は行かれましたか?

ポチたま霊苑からでも綺麗に見える桜があります。

image2.jpeg

image3.jpeg

image1.jpeg

コレ、満開ですかね???

今ならお参りしながら桜も見れます。

近くに来た時は是非『ポチたま霊苑』にも

お立ち寄りください。
続きを読む
posted by ポチとたま。 at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

彼岸入り

おはようございます

本日は、彼岸入りです

皆様と共に過ごした、ワンちゃんネコちゃんも

大切な家族です

家族ですので、人間同様に

お墓参りに是非、足をお運びください

ポチたま霊苑では

お参り用の花束も

image3.JPG

随時、ご用意しておりますので❤





posted by ポチとたま。 at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

合同慰霊祭について

平成30年 ポチたま霊苑合同慰霊祭について

ポチたま霊苑ではこれまでお手伝いさせていただいた

ペットへの供養として、合同慰霊祭開催しております。

当日はポチたま霊苑の同敷地にある家族葬ホールにて、

僧侶による読経、ご参加いただきました皆様にお焼香を賜わります。





平成30年は下記のとおり6回開催致しますので、

ご都合のよろしい日をお選びいただき、

事前のお申込みをお願いいたします。


 2月    終了致しました

  4月21日(土) 〆切  4月11日(水)

  6月23日(土) 〆切  6月13日(水)

  8月18日(土) 〆切  8月 8日(水)

10月14日(日) 〆切 10月 4日(木)

12月16日(日) 〆切 12月 6日(木)


10:30から11:30までの開催となります

詳しくはホームページ

『ポチたま霊苑合同慰霊祭について』

をご覧ください。


.


続きを読む
posted by ポチとたま。 at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

天国にいる家族へのお手紙

埼玉県幸手市にお住まいの60代女性から
リュウちゃんへのお手紙です。


15歳までは、とても、病気もけがもなく元気そのものでした。

朝の散歩中でした。突然予告もなくケイレン発作が起きたのです。
とにかく病院に行き状況を話す。
ケイレン止めを注射したので様子を見て・・・と帰された。
しかし、時間が経つにつれて、歩くことも、立っていることすら失っていくではありませんか。
この日を境に、楽しい散歩が出来なくなってしまいました。
今までの生活サイクルが一変し、ストレスに変ってしまったのです。
「歩く」「遊ぶ」「立つ」「うんち・おしっこ」
「食べる」「ワンワンとほえる」と言った全ての欲求を失ってしまったのです。

リュウちゃんは、不自由になった体を懸命に立ち上がろうと、あがき始める。
その姿をみて、犬の気持ちが手に取るように伝わってきた。
病院の先生からは、「年齢による認知症でしょう」とあっさり話され、
この言葉を受け止められず「よし、歩けるようにしよう」と、
横たわってい胴体を支えながら、毎日少しずつリハビリを続けたところ、
それに応えるようにに一歩ずつ足を踏み出すようになり、やがて部屋の中を自力で歩きだしたのです。
「歩き出した・・・頑張れ」感動で涙が止まりませんでした。
その姿を見たのも数カ月で、ケイレンのl頻度も多くなり、
自力歩行が無理になってあきらめかけたが、それでも歩きたいサインを送ってきた。
リュウちゃんのパワーを受け、更にギアーを上げ歩行器まで作成しました。

この状態を三年八カ月続いたのも驚きです。
私たちの介護の手も、その間ひと時も目と手を離さず見届けられたことは、
決して忘れる事は出来ないでしょう。
宝物だったリュウの姿が見られなくなって一年を過ぎようとしているが、
家族に心の中には、今も立派に生きています。
時間だけは止まることがない・・・

20180306170911707_0001.jpg

20180306170911707_0002.jpg
続きを読む
ラベル: 手紙 天国
posted by ポチとたま。 at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする